About Us

Wild Craft Reducing Our Carbon Footprint

ハワイの熱帯多雨林では、稀少な植物が森の奥深くで数千年もの長い間、殺虫剤や除草剤、化学肥料に汚染されることなく自然と共存してきました。
マリエオーガニクスの原材料となる果物を育む土壌には、太平洋を旅した貿易風が降らせる清らかな雨水が染みこんでいます。
マリエオーガニクスでは、米国有機食品生産法の規則にのっとって野生植物が永遠に残るよう、必要最低限だけを採取しています。

Kokee State Park コケエ州立公園

13,000エーカーの緑深い森からなるコケエ州立公園は、カウアイ島の聖なる場所といえる存在です。
カウアイ島の森は、太平洋地域で最も多様な原生林を持ち、コケエ州立公園にはハワイ州内でも珍しい太古から続く品種が多く現存する原生林があります。
コケエ、ワイメア渓谷、ナ・パリ・コースト州立公園内には絶滅危惧種に指定された植物が26種、稀少植物に指定された植物が31種も確認されています。
この原生林の生態系は、現在外来種によって絶滅の危機に瀕しています。この豊かな生態系を守るために、マリエオーガニクスはコケエコレクションの売上げの一部をカウアイ島の森林保護プロジェクトであるコケエ資源保全プログラム(KRCP)に寄付しています。